細々JUMP速報!

JUMPまとめ速報!

ジャンプ漫画のネタバレがあるのでご了承ください。

【ネタバレ】正義を裁くヒーロー殺し!ステインの個性、強さまとめ!【ヒロアカ・僕のヒーローアカデミア】

目次

ヒーロー殺し ステイン

「ステイン ヒロアカ」の画像検索結果

作中に登場したヴィランの一人で、通称「ヒーロー殺し」。
独自の倫理観・思想に基づいて「偽物の粛清」として各地でヒーローを襲撃してきた凶悪犯である。
オールマイトは死枯木弔に対して「思想犯の眼は静かに燃ゆるもの」と諭したが、まさにその言葉通りのヴィランであると言えよう。

f:id:ureshino3406:20170528171151p:plain
オールマイトに心酔している節があり、「オレを殺っていいのはオールマイトだけだ」と口にしている。

f:id:ureshino3406:20170528172550p:plain

それ以外のヒーローはたとえエンデヴァーであろうと贋物と切って捨てる『正義に飢えた悪』。

f:id:ureshino3406:20170528171227p:plain
作中の雄英体育祭の裏で保須市を襲撃、交戦したプロヒーロー・インゲニウム(飯田天哉の兄)に重傷を負わせ、再起不能にした。

スポンサーリンク
 

個性

f:id:ureshino3406:20170528171100p:plain
相手の血液を摂取することで、相手の身体の自由を最大で8分間まで奪う個性。
対象者の血液型によって効果時間は異なり、O<A<AB<Bの順で奪える時間は増える。
ステイン自身の血液型がBであることから、彼に血液型が近いほど効果が効きやすくなるものと思われる。

f:id:ureshino3406:20170528170913p:plain
相手の血液を摂取しなければ効果が発動しないため発動のハードルはやや高く、
血液型による効果時間の変動などの弱点も合わせて轟からは「“個性”だけ見りゃ特別強力ってわけでもねぇ」と評されている。

 作中での行動

「ステイン ヒロアカ 論外」の画像検索結果

論外
彼の真骨頂は個性以上に、彼自身の身体能力にある。
『ワン・フォー・オール・フルカウル』を発動した緑谷出久にカウンターを決める、轟の不意打ちを回避するほどの速度と反応、 飯田の『レシプロ・エクステンド』と緑谷の『フルカウル』による同時攻撃を受けてなお反撃に転じるタフネスなど素の実力が規格外。

f:id:ureshino3406:20170528171751p:plain

血液摂取という本来発動条件のハードルが高い個性すらその身体能力によって存分に行使が可能。
緑谷・飯田・轟の3人を同時に相手し圧倒してみせた。

f:id:ureshino3406:20170528171714p:plain
自身の信条を優先するあまり少々引き際が悪い所もあるが、戦闘スタイルは頭脳的で分析力も高く、轟の個性と戦いぶりを少し見ただけで、その強さと癖をすぐさま見抜き、戦闘の合間にわざわざ忠告までした。

f:id:ureshino3406:20170528171622p:plain
結果的に撃破されたものの、轟は焦りからのミスがあったためにギリギリ勝てただけと分析しており、彼をして「強え」、緑谷からも「強すぎる」と評された。
「ステイン 轟」の画像検索結果
緑谷にオールマイトの姿を重ねたか、彼の行動を「ヒーローと認めるに足る」ものとして認めており、粛清対象から外した。

「ステイン 良い ヒロアカ」の画像検索結果
轟も同様に「お前も良い」と認めており、戦闘中はあくまで交戦中だったプロヒーロー及び飯田を始末することを目的に行動し、緑谷と轟に対しては行動不能にする以上の追撃はしていない。

オールマイトを崇拝している!?(英雄回帰)

f:id:ureshino3406:20170528172456p:plain

彼の思想は「英雄回帰」呼ばれており、『ヒーローとは見返りを求めてはならない 自己犠牲の果てに得うる称号でなければならない』という主張である。
「ステイン 良い ヒロアカ」の画像検索結果
つまり、「人を救う」という行為が、真心から起きた「目的」であるのか、はたまた収益や地位、名声を得るための「手段」であるのかという事を問題視しており、前者のみが英雄(ヒーロー)と呼ばれるに値し、後者のヒーローは『贋物』と断言する。
「ステイン 良い ヒロアカ」の画像検索結果
あくまで「贋作が蔓延る世界の粛清」という目的のために動いており、ヒーローのみならず徒に力を振り回すヴィランをも粛清対象としている。
「ステイン 良い ヒロアカ」の画像検索結果
また、彼が出現した町では犯罪発生率が低下しているというデータも明かされた。
「ステイン 良い ヒロアカ」の画像検索結果
これまで作品に登場した多くのヴィランとは異なり、悪なりの信念を持つダークヒーロー的な存在として描かれており、こと飯田には大きな影響を与えた。